クリアネオ 副作用

クリアネオは効果がありそうだけど、副作用が出たりしないの?

 

デオドラント製品はいろいろ使ってきたけれど、効果がでなかったり、
逆に成分が強すぎて肌が負けてしまったりと、なかなか自分にぴったりの一品に出会えない方が多いようですね。

 

クリアネオは、「天然成分を中心にこだわって作っている」とはいっても、
直接効果を発揮する成分は本当はとても強いのでは・・と心配してませんか?

 

ご安心ください!

 

法律によって、全成分の表示が義務付けられています。
その中のうち、クリアネオで使用されている有効成分(デオドラント効果が期待できる成分)の
主成分をみてみましょう!

 

 

クリアネオの主成分と働き

 

・パラフェノールスルホン酸亜鉛

 

汗を抑えるための収れん剤です。かんたんにいうと、汗に含まれているタンパク質と反応して
汗腺の出口をふさぐので汗が出にくくなる、という仕組みです。
比較的低刺激のため、制汗剤の多くに配合されていたり、
毛穴を引きしめてくれる収れん化粧水(夏の時期はとくに何社からも発売されますね)にも配合されていたりします。

 

 

・イソプロピルメチルフェノール

 

抗菌・殺菌成分として配合されています。
化粧水に防腐剤として使用されることもあります。
匂いの原因になる雑菌の、発生を抑えることが可能だといわれています。
基本的に市販の商品に使用する際は、人体に強い害を与えないとされている配合量が定められています。
保湿効果もあるので敏感肌や乾燥肌にも使うことができます。

 

 

まとめ

 

有効成分のうち主成分2つを見ただけでも、副作用があるどころか、
副作用が無いように調整されて配合されている
それに加えて、クリアネオは、クマザサ、シャクヤク、紅茶、ドクダミ、セージ、ビワの葉、など天然由来の成分に
こだわって作られているため、小さなお子さんでも使うことができます。

 

デオドラント製品はたくさんありますが、やはり成分にこだわっていて、副作用がないのが一番です!